リビバール工法

樹脂ライニング・リビバール工法で腐食・劣化を防ぎ、排水管の甦生を目指す!!

マンション・ビルの排水管に付着した、汚れ・スケール・サビは、毎年、洗浄を行っていても、長期間使用しているうちに腐食・劣化の進行により穴があき、漏水の原因につながります。
そうなる前に、排水管をよみがえらせるのが排水管甦生工事を可能にしたリビバール工法です。

排水管ライニング リビバール工法のメリット

1.本工事は、わずか1日で終了

クリーニングからライニング、本復旧まで、工事日はわずか1日です。
そのため、生活排水の拘束が短くてすむので、支障もほとんどありません。

2.低コストだから安心

大がかりな取替工事に比べ、リビバール工法は、人件費も時間も削減できるので、低価格で工事が行えます。

3.優れた耐久性で、劣化を抑える

排水管の内部が滑らかになり、付着物がつきにくくなるため、1回のライニングで劣化・腐食をグンと抑えることができます。

4.新技術導入で、簡単施工

吸引しながら、ライニングボールで塗料を均一に伸ばしていくので、簡単で安全。しかも、最小限の室内作業なので、粉塵や騒音も少なくすみ、効率よく施工できます。

排水管ライニング リビバール工法施工の流れ

STEP1 事前工事

更生工事のための準備工事を行います。点検口の取り付けと排水口の取り外しや可能な限り事前に室内の部分的工事を行います。

STEP2 クリーニング工事

高圧洗浄機による配管内清掃およびセラミック珪砂・小石などを管内に圧送し吸引機により壁管に付着した汚れサビに衝突させてスケールを除去します。

STEP3 ライニング工事

台所や洗面所などの横枝管および立管をリビバール工法専用のライニングボールで特殊ビニルエステル樹脂を負圧吸引空気によって塗膜の厚さを1.0~2.0mmで末端まで均一にライニングします。約2時間の自然乾燥で硬化します。

STEP4 通水本復旧

内視鏡でライニング状態を確認し排水管を本復旧させ通水テストをおこないすべて工事は完了します。

admin_rhinoceros排水管ライニング工事